あきさみよー 沖縄そばの日でした! - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

あきさみよー 沖縄そばの日でした!

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)
今日も沖縄は朝からいいお天気ですよー

お店のかんばん

さて、昨日10月17日は『沖縄そばの日』にあたり、多くの県民の皆様は美味しい沖縄そばを、昨日はお召し上がりになられたことと思います。
ちなみに私はというと、「沖縄そばの日」を
すっかり忘れていました・・(汗)

沖縄そば

ところで、沖縄そばを県外の方が初めて食べた時「これって蕎麦なの??」と思われた方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?
それでは、蕎麦粉を一切使用しない「沖縄そば」が何故「そば」と呼ばれるのか・・・?

その答えは沖縄生麺協同組合のホームページに書かれていました。

【沖縄そばの日】
本土復帰をして四年目を迎えた1976年、設立されたばかりの「沖縄生麺協同組合」に対し公正取引委員会からあるクレームがついた。
その内容は、「沖縄そばは、蕎麦粉をまったく使用していないため、『そば』と表示してはならない」というものだった。「生めん類の表示に関する公正競争規約」 に基づくと、「そば」という名称を表示しるには、原料の蕎麦粉を三割以上使用していることが条件なのだ。
そうなると、県民に長く親しまれてきた「沖縄そば」が「沖縄風中華麺」と呼ばなくてはなくなる。そこで、「沖縄の食文化を変えてはならない」と立ち上がった のが沖縄生麺協同組合の当時の理事長土肥健一氏らだった。
まずは、沖縄総合事務局内の公正取引室に折衝に出向くがらちがあがず、直接東京の本庁へ足を運ぶ。雪が降る日も足繁く通い、数か月にわたる折衝を続ける。 その甲斐があって、1977年、条件付きだが晴れて沖縄そばの名称が認可された。
 しかしこれには、「沖縄県内だけに限る」という制約がついていたため、同組合は更なる折衝を続ける。この交渉は、公正取引委員会から全国めん類公正取引協議会 へ移され、その中で特殊名称として「本場沖縄そば」を登録してはどうかという名案が生まれる。その結果、1978年10月17日、「生めん類の表示に関する公正競争規約」 別名での名産・特産・本場等の表示で、ついに「本場沖縄そば」として認証された。さぬき名産うどんや本場出雲そばなのについで、七番目に認可を受けた。
「本場沖縄そば」は原料や熟成、めんの太さにいたるまで、12の定義がある。どれか一つでも欠けていると、そう表示してはいけないのだ。
その後1987年4月5日、本土移出の正式認可を受け、本土市場への本格的な参入が始まった。
普段何気なく呼んでいる名称は、実はこうしたそばに携わる人々の努力の上に成り立っている。

と、いうことで、今でもウチナーンチュの愛する「沖縄すば」の名称が守られているという訳です。

最後に私のおススメする沖縄そば屋さんをお一つ紹介。

奥武島に渡る橋の手前にある「もずくそばの店 くんなとぅ」さんは、100%自社生産の安心安全で美味しいモズクをふんだんに使用した沖縄そばを堪能できるお店です。


【もずくそば くんなとぅ】
沖縄県南城市玉城志堅原460-2
年中無休 (台風が来たら休むかも~)
営業時間 11:00~19:00
TEL&FAX(098)949-1066

観光で沖縄を訪れる機会がございましたら、食事としてはもちろん、泡盛を楽しんだ後の締めの一杯としても沖縄そばはおすすめですよ。。(^^)

それでは今日も一日ゆたしくうにげーさびら!

コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます