今日はハブの日 - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

今日はハブの日

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)
台風12号も去り、今日の沖縄はまずまずのお天気になりましたが、11号の方が気になりますね。

さて、今日8月2日は語呂合わせで『ハブの日』です。

ハブの日

沖縄では毎年「ハブ酒」を多く製造する酒造所などではハブ供養なども行われるようです。
【ハブ酒とは】
ハブ酒(はぶしゅ)
ハブを焼酎に漬け込み、密封し、長期貯蔵したリキュール(薬味酒)。ハブは沖縄県および鹿児島県奄美諸島に棲息(せいそく)する猛毒を有するマムシ科のヘビ。したがってハブ酒には泡盛や黒糖焼酎が使われる。ハブの臭みは内臓の内容物にあるといわれ、使用するハブは数か月ないし1年絶食させ、身体をしごいて腹に残るものを搾り出し、洗ってから焼酎に漬ける。そのときハブの頭部を手で押さえ焼酎を満たした瓶に尾から入れ、頭を離したらすばやく蓋(ふた)をしないと危険である。貯蔵熟成した後のハブは触れると形が崩れるので、ハブの入った製品は焼酎に漬けてハブを殺した後でこれを取り出し、4~5リットル容の瓶に蜷(とぐろ)をまいた形につめ、40度の焼酎を満たし、密封する。数年で赤褐色に色づいたところで市販される。蜂蜜などで味つけしたもの、ハブの卵やペニスを入れたものなどもある。weblio辞典より引用

琉球王朝時代、ハブ酒は不老長寿の妙薬として重宝されていた泡盛ですが、実際にハブに遭遇した際には速やかにその場から立ち去って下さいね。

⇒ハブを見つけたり、かまれた時の対処法

それでは今日も一日ゆたしくうにげーさびら!


タグキーワード
コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます