宮古島のオトーリ - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

宮古島のオトーリ

ハイサイ!!グスーヨー チュウウガナビラ!
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか!)
今日は、宮古島の飲酒作法(?)「オトーリ」を紹介します。

まずは、「オトーリって何?」って方のために内容を説明します。

①まず初めに参加者全員が円陣を組む形で座ります。
②次に、親(オトーリを始める人)が口上を述べ、盃に入った泡盛を飲み干すと、今度はその盃を参加者全員に泡盛をついで飲み回していきます。
③全員に回し終えると、最後の人(親の手前の人)が、その盃へ酒を満たし親へ返杯します。
④親は締めの盃を飲み干したあと、自分のオトーリへ最後まで付き合ってくれた礼を述べ、次の親を指名する。(または隣の人)
⑤指名された親は、盃を受け継ぎ、口上を述べ、また回していきます。





(動画の途中「沖縄でずっと住んでもいつも思い出すのは宮古です」の「沖縄」は「沖縄本島」のことで、宮古や八重山等の離島では、沖縄本島のことを「沖縄」と呼びます。)

ちなみに、親を中心に時計回りで回していくことを「豊年まわり」、逆に回すことを「大漁まわり」と言います。

■オトーリの豆知識
泡盛を注ぐ際に、その量を指定する際、各市町村の名前にかけて次のように呼びます。
コップのギリギリに注ぐ→平良線
コップのやや上の方まで注ぐ→上野線
コップの下の方まで注ぐ→下地線
泡盛を薄めに作ってもらいたい時→城(ウスク)辺線
酔っぱらってもう飲めない時→池間線(いけません)

■オトーリの噂話
オトーリを悪習と考えた宮古島の村議会が、オトーリの廃止決議をした晩に、それを祝ってオトーリを廻した。

オトーリに関する話題は事欠かないですが、とにかくオトーリを回す時は、すべての人が親になり、心で話し、心で聞く。これが宮古流の絆の証といえるのではないでしょうか。

タグキーワード
Genre:地域情報|Thread:沖縄コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます