世界に一つの甕壺入り泡盛をお作りいたします! - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

世界に一つの甕壺入り泡盛をお作りいたします!

忠孝甕説明ページのバナー

  • 泡盛の熟成とともに大切な人との絆を育む世界に一つの甕壷名入れ泡盛
沖縄には昔から赤ちゃんが生まれた時や結婚など、人生の節目に泡盛を仕込み、長期間貯蔵して古酒(クース)にする風習があります。
また、親しい人には新築祝いや開店のお祝いとして泡盛を贈ることもよくあります。その泡盛を何年か寝かせて古酒にして、子どもが二十歳の成人を迎えた時や結婚記念日など人生の節目に初めて秘蔵の古酒の封を開け、家族や親戚の人たちと一緒に味わう熟成古酒のお味は一生忘れられない思い出になると思います。
泡盛の熟成と共に大切な人との絆を育む古酒作りを是非ご家庭で。

  • 動画で観る 南蛮甕プレミアム名入れ泡盛




タイトル

泡盛業界唯一、古酒造り用の甕を自社生産する忠孝酒造の手作り甕に、内閣総理大臣賞受賞画家 屋良朝春氏の書や名前等を熟練職人が一つ一つ丁寧に刻印した「世界にたった一つの南蛮甕 名入れ泡盛」をお作りします。
南蛮甕入りプレミアム泡盛は、当店だけの限定販売です。

  • 甕は泡盛業界最高峰 南蛮荒焼甕

甕入りの名入れ泡盛

忠孝酒造が長年の研究によって完成させた泡盛専用の南蛮焼は、地元沖縄の土にこだわり一つ一つ手造りで製作しています。

叩くと金属音がするほど密度が高く、土の締まりが良いので長期熟成でも中の酒が漏れず良質な古酒を育みます






土へのこだわり


土
忠孝酒造では、土を沖縄県本島南部でとれる「島尻ジャーガル」と主に山原(ヤンバル)でとれる「琉球赤土」の二種類をブレンドすることにより甕の強度を高め、泡盛の貯蔵と熟成に適した甕ができます。


プレス機
ブレンドした土の中の砂やゴミなどの不純物を完全に取り除いた泥水状の土をプレス機(左写真)で圧力をかけながら水分を抜き、粘土にします。


土
そして、土練機(どれんき)にかけて土を練りながら空気を抜き粘土状にし、その後1週間ほど土を熟成させることで土に粘りが出て成形しやすい土の原料の出来上がりです。


手作りのこだわり


ろくろ
一週間ほどの熟成を終えた土は、ろくろで成形する前に作成する容器毎にそれぞれの固さを変え、重量を計り切っていきます。
この時、土をろくろで成形しやすいように今度は職人の手で練り直します。

ろくろによって成形された荒焼甕は一日ほど置いてかんなで削り、形を整えます。その後、十分に乾燥させます。小さいもので1~2週間。大きいもので約1ヵ月かけて乾燥させます。そして、1000度以上の温度のガス窯で4日ほどかけて焼きます。

甕へのこだわり


南蛮甕

■炎の模様・窯変
甕を焼く際、直接炎が当たった所にできる色変わりを「窯変」といいます。これは炎の色が焼きついた物で、炎と土が融合した最高の景色です。
(同じ模様の窯変はふたつとありません)

■高い密封性
ろくろで成形した南蛮荒焼甕は、大きい物で一ヶ月弱かけて乾燥させます。さらにガス窯で1000度以上の熱をかけ焼き上げると、容積が約45%収縮します。収縮率の高い甕は土の閉まりが良く、中のお酒を漏らすことなく、良質の古酒を育てることができます。

壷の気密性

■独特の金属音
沖縄県本島南部でとれる「島尻ジャーガル」と主に山原(ヤンバル)でとれる「琉球赤土」をブレンドして作られた南蛮荒焼甕は、古酒を漏らすことなく長期貯蔵する為に鉄分を多く含み、密度を濃くした材質でできています。軽く甕を叩いてみるとまるで金属製の容器を叩いたように甲高く、それでいて陶器独特の澄んだ音が響いてきます。

甕の背面


  • 忠孝原酒 マンゴー酵母仕込み
忠孝酒造の南蛮荒焼甕に充填される泡盛は、古酒造りに最適なアルコール度数44度の原酒(または3年古酒43度)です。
この「忠孝原酒」は、沖縄県産マンゴー果実から生まれた新酵母を用いた泡盛で、蒸留からわずか六ヶ月で三年古酒並みのバニリン量を誇ります。その味わいはこってりとした甘さに芳醇な風味を持っています。琉球泡盛の特徴である熟成によって育つ古酒、その古酒造りにお薦めする泡盛原酒です。
※44度(新酒)または43度(3年古酒)からお選びいただけます。
※バニリンとは、バニラの香り成分で「甘い香り」を放つ古酒の大きな魅力のひとつです。
※忠孝酒造2015年の全国酒類コンクール(泡盛部門)にて最高賞の「1位特賞」を受賞しました。

メディア掲載

  • 沖縄を代表する内閣総理大臣賞受賞画家 屋良朝春

屋良朝春氏のプロフィール

【屋良朝春氏のプロフィール】
1940年 沖縄県石川市生まれ。
13歳で沖縄タイムス社主催第一回図画コンクール佳作。
18歳で沖展奨励賞受賞。
以降、沖縄タイムス芸術選賞美術大賞、日本現代美術協会 内閣総理大臣賞など、数々の画壇で受賞。現在、沖展会員・日本美術家連盟会員・日本現代美術協会常任理事・アジア水彩画連盟会員

内閣総理大臣賞
「人間の機知や想像をはるかに超えた壮大な自然の美に心をとらわれて いつのまにかキャンパスの上で筆が動き色が重なりあうのです 神々しい景色に祈るような気持ちで描きます 朝日の光や岩山の影から 底知れぬ力と美の恩恵を私達は授かっているのです」 -屋良朝春-

  • 屋良朝春先生との出会い
当店の名入れ泡盛に、「沖縄のチムグクル(真心)を入れたい!」と、以前から考えていました。そこで、沖縄の心を壮大な自然の美しい景色として表現する沖縄を代表する画家 屋良朝春先生に自筆の書をお願い致しました。

屋良朝春①
屋良朝春先生に、名入れ泡盛を通して「沖縄の文化や泡盛を全国に広めたい、また沖縄の心を伝えたい」とお願いしたところ、その想いに共感いただき、今回特別にご協力頂けることになりました。

屋良朝春②
今回、「書」を書いていただくにあたってイメージを膨らませるため、約一ヶ月間もの間、沖縄の古典や民謡を聞き続け、最終的に100点以上にも及ぶ書を魂を込めて書いてくださいました。

屋良朝春③
制作依頼から完成まで、約一ヶ月。
今回、屋良朝春先生に書いて頂いた「書」の中から「祝」「寿」「命どぅ宝」「美童」の4点の書が決定。
屋良先生、魂溢れる心のこもった書をありがとうございました。

  • 屋良朝春作 ~書に沖縄のククル(心)を込める~

作例①

■美童(みやらび)
若い娘や純粋な心を持った子ども等の意味。
昔から子を持つ親の気持ちを込めた言葉として知られている。
■こんなシーンにおすすめ
・出産祝い・十三祝い・(嫁入り前の)女性の成人祝い

作例③

■壽(ことぶき)
めでたいこと。長命。長寿。もともとは「ことほき」と呼ばれ、
言葉の力で幸福を招くという意味。
■こんなシーンにおすすめ
・結婚祝い・還暦祝いや長寿のお祝い

作例④

■祝(しゅく)
めでたい出来事を喜ぶこと。古くは「祝い」は「祈る」「祭る」と
いった意味で用いられた。
■こんなシーンにおすすめ
・還暦や長寿祝い・成人祝い・退職祝い・栄転祝い・新築祝い
・開店祝い・設立祝い・創立記念

作例②

■命どぅ宝(ぬちどぅたから)
沖縄の大事な黄金言葉で「命こそ宝」という意味。「親が子を」
「子が親を」「人が人を」想う時、心から自然と湧き出る言葉。
■こんなシーンにおすすめ
・出産記念・還暦祝いや長寿のお祝い・誕生日・敬老の日
・父の日や母の日

イラスト等も刻印します

  • メッセージカード(無料)をご用意しています

メッセージカード
メッセージカードを商品に添えてお届けさせて頂きます。ご希望の方は商品と一緒にお申し込み下さい。(全角100文字まで)
※カードの大きさ:約名刺サイズ



※メッセージカードは下記の中からお選びいただけます
メッセージカードの選択画像
■メッセージカードのご注文方法
ご注文内容のご記入ページを進んでいただきますと「メッセージカード(無料)」の項目がございますので、そこでカードの選択とメッセージをご記入ください。また、FAXやメールでも受け付けております。
お気軽にお申し付け下さいませ。

  • お客様の声

金城様ファミリー

【沖縄市在住 金城恵美さま】
かりゆし沖縄 平野さま
先日は、御丁寧なメールありがとうございました。
おかげさまで、3月7日 父の古希祝いができ父もかなり喜んでいました。
本当に素敵な贈り物を贈る事が出来、兄弟一同 感謝の気持ちで一杯です。
又いつか、何かのお祝いなどがある時にはお世話になると思いますので、
その時には、又宜しくお願いします。
本当に、ありがとうございました(*^^*)

沖縄料理屋ちゃんぷるーの皆様

【東京都在住 島谷桂さま】
松本さん 返信遅くなってしまい、申し訳こざいません。
想像以上に素敵な甕で、社員一同感激していました。笑
もちろん社長も大喜びでした。
本当にありがとうございました。
渡して記念に写真を撮ったので、添付します。
もしまた何かの機会があれば、宜しくお願いします。

前泊様とご友人

【沖縄県沖縄市在住 前泊秀斗さま】
同じ名護出身の友人の新築祝いに模合仲間の皆で甕を贈ることになり、どうせなら自分たちで描いた書を刻印してもらいたくてネット知ったかりゆし沖縄さんにお願いしましたが、想像以上の仕上がりに皆大興奮です。(笑)
今夜のお祝いの席では少しだけこの泡盛を飲ませてもらいますが、残りは寝かせて古酒にするよう友人にすすめたいと思います。
上等甕をありがとうございました。

結婚式での甕入れの儀
【愛知県在住 宮國桃子さま】
かりゆし沖縄 平野様
いつも大変お世話になり有難う御座います。

甕と泡盛は無事結婚式場に届き、7月26日の披露宴にて『泡盛甕入れの儀』を行いました!!
私の地元、名古屋の家族や友人はもちろん、沖縄の方たちもとっても喜んでくれました。
本当に有難う御座います!

10年後の7月26日に開封して二人で飲もうね♪と約束しました。
この度は本当に有難う御座いました!!!

志堅原さま

【沖縄県在住 志堅原一成さま】
12年後の還暦に飲む泡盛を模合仲間のみんなが持ち寄り、今月の23日に甕入れの儀式を行うため、ネットで模合の名称や日付けを刻印できる甕を探して注文しましたが、甕は刻印も上等ですが色合いがとってもいいですね。最近始めたばかりのフェイスブックでも今度紹介したいと思います。また何かお祝い行事がある時にはお願いします。

枝川さま

【千葉県在住 枝川哲正さま】
かりゆし沖縄 平野さま
本日、甕届きました。ありがとうございます。
甕は、息子にとっても、私達夫婦にとっても、記念すべき思い出の品となり、とっても嬉しく思っております。
息子の翔亮は、今は何も分かってないと思いますが、甕を見てとっても嬉しそうです(^^)♪♪♪
本当に、ありがとうございました。
是非沖縄に旅行の際は、ご訪問できればなぁ~と思っております。
今後とも、よろしくお願いします。

千葉大学の先生方

【千葉大学大学院勤務 小野先生、八馬先生、蘆澤先生】
先程、沖縄に着いたばかりで直行でおじゃましました。今回は、私たちの恩師 杉山先生の定年退職のお祝いの品として注文しましたが、杉山先生がデザインされました瀬戸大橋の刻印も期待通りの出来で、先生にもきっと喜んでいただけると思います。また何かの折にはよろしくお願いします。

山里様のお子様
【沖縄県那覇市在住 山里將隼さま】
こんにちは!
山里です‼︎
何度もこちらの都合に合わせて戴きありがとうございました‼︎
とても気に入っております。
タンカーユーエーにも間に合う事ができ、家族も大喜びでした (^^)
きっと、また、お世話になることと思いますが、その時も、よろしくお願いいたします。


自衛隊の皆様

【陸上自衛隊 第51普通科連隊 中野様、中尾様、池田様】
今まで記念ボトルでは何本か作りましたが、甕では隊のロゴマークが思った以上に大きく綺麗に刻印されていて歴代最高の傑作だと思います。隊の皆にも早く見てもらいたいですね。ありがとうございました。

ロビンソンかおり様

【沖縄県在住 ロビンソンかおり様】
前回と同じく今回もサプライズで
叔父に還暦お祝いできとても喜んでくれました。

東京から急遽くる事になり
時間があまりないなか立派な酒甕を作って頂き有難うございました。

また今度もお祝いなどあればぜひお願いしたいと思います。
有難うございました。


伊地さま570

【沖縄県与那原町在住 伊地海斗さま】
一番上の兄夫婦に最近子供が生まれので、記念に兄妹みんなで甕の泡盛をプレゼントしたいと思い、最初は直接酒屋さんに行ったのですが、名前まで彫ってくれるところがなかなか見つからず、最終的にはネットで調べました。甕の中に入っている忠孝酒造の泡盛も気に入ったのですが、写真ではハッキリと分からなかった文字の刻印が、本当に凄いですね。まだ兄には内緒にしていますが、赤ちゃんが生まれて丁度2ヶ月の明日、兄妹皆で渡そうと思っています。

長嶺さま

【沖縄県うるま市在住 長嶺さま】
模合メンバーの新築祝いがあり、模合メンバー皆で記念品として選びましたが現物の甕は色合いがとっても上等でかなりいいですね。
友人もきっと喜んでくれると思います。

また今年は自分らの結婚10周年もありますのでお世話になると思います。
その際はよろしくお願いします。


犬と甕

【茨城県在住 小倉康弘さま】
お世話になります。
手がけていただいた甕、評判よかったです。絵柄も文字も職人が彫ってるって聞いて、みんな驚いてました。代表で電話をかけた者も、平野さんがとても親切に対応してくれたと感激していました。

また平野さんがフェイスブック始めたら教えて下さい。その時は、お友達申請させていただきます。

  • 南蛮甕プレミアム名入れ泡盛 価格表

壷入り泡盛価格表
※誕生記念(出産祝い)には44度新酒をお勧めいたします。
※上記価格は、消費税込みの価格です。
※南蛮甕プレミアム名入れ泡盛には、「ひしゃく(プラスチックス)」が付きます。(マットはつきません)



ご注文方法


安心の笑顔100%保証

  • 祖父から子や孫へ 代々受け継がれる家の宝
泡盛は上手に育てることで先祖代々その家に継承させる「家宝」となりますが、ただ寝かせる(熟成させる)だけでは何百年という月日の間にやがてアルコールが抜け、最後は単なる水になってしまうかもしれません。
しかし、沖縄には何百年にも渡り安定した良質の古酒を育てる技術があります。それが、「仕次ぎ(しつぎ)」です。

  • 仕次ぎは想いを繋ぐ家族の歴史
仕次ぎとは、琉球王朝時代から伝わる古酒作りの素晴らしい手法です。
具体的にいうと、年代物の古酒にそれより少し若い古酒を注ぎ足すことで酒を劣化させないようにする手法です。
昔は甕を3つ用意したといいます。そして、一番古い泡盛(1番甕)、次に古い泡盛(2番甕)、またその次に古い泡盛(3番甕)と甕を並べ、一番上等な泡盛(1番甕)を飲んで、その減った分を次に古い泡盛(2番甕)から継ぎ足し、また2番甕が減った分を今度は3番甕から2番甕へ継ぎ足し、最後は3番甕に仕次用の一升瓶で泡盛を継ぎ足します。ただ、お家の事情などで複数の甕を用意できない、また甕の管理も大変と感じる方もいらっしゃると思います。そこで当店では、そのようなご家庭ではまず甕を一つだけご用意していただき、気軽に古酒造りを楽しんで頂くことをお勧めします。甕が一つでも飲んだ分を仕次用の一升瓶で継ぎ足していけば、安定的に美味しい泡盛を末永くお楽しみ頂けます。


仕次ぎの方法


是非、泡盛古酒を皆様の「家の宝」として、ご家族の歴史と共に代々受け継いでいってほしいと思います。

  • 仕次ぎ(継ぎ足し)用泡盛

泡盛原酒
南蛮甕プレミアム泡盛の「仕次ぎ用泡盛」です。沖縄県産マンゴー果実から生まれた新酵母を用いた泡盛で、この新酵母は、熟成により古酒の甘い香りへと変わる4-VGを豊富に含みます。その為、熟成を重ねることで、更に甘い香りを持つ古酒に育つことが期待できるため、古酒造り用として最適な原酒です。
■商品名 忠孝原酒 44度(新酒) 1,800ml
■本数 6本入り
■価格 21,000円 全国送料無料!
※6本以下の場合は、1本当たり3,500円に別途送料(1,050円)が必要です。


  • 甕入れの儀
古来からの儀式で「水合わせの儀」というのがあります。
これは新郎新婦の互いの実家の水を汲んできて、ひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式です。別々の水(環境)で育った新郎新婦がそれぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり、二人で新たな家庭を築いていけるようにとの願いが込められています。

泡盛甕入れの儀

「想いをひとつに 心がつながる瞬間」
そんな水合わせの儀に習い、当店では「甕入れの儀」をご提案しています。
時の経過と共に丸く、やわらかく、そして奥深い味わいに熟成していく泡盛の古酒のように、おふたりの間柄が末永く発展し、素晴らしい夫婦になって欲しいとの願いが込められています。
また、この晴れの門出に新郎新婦・ご両親様・会場にお越しの皆様方の想いが注ぎ込まれた、甕(泡盛)を「家の宝、家のお酒(家酒家宝)」としてお二人の子や孫の代まで大切に飲み継いで欲しいと思っています。
是非、毎年の結婚記念日には、ご家族やご友人と甕に入った古酒を飲み交わしながらお二人の想い出や夢を語り合い、絆を深めてもらえれば幸いです。



※ご注文時に「甕入りの儀」とお申し付けください。空の甕と1升瓶(3升甕=1升瓶×3本・5升甕=1升瓶×5本)をご用意させていただきます。

是非かりゆし沖縄へお問い合せ下さい。
心よりお待ち申し上げます。
店長のサイン

ご注文方法


店舗情報名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄
店舗のご案内はこちら
お問い合せフリーダイヤル: 0120-37-8131
メールでのお問い合せはこちら
その他取扱い商品一覧
※当店では未成年者への酒類の販売は固くお断りしています。



■他にもこんな商品が選ばれています






Genre:地域情報|Thread:沖縄コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます