1+1=夫婦の絆 - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

1+1=夫婦の絆

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)
昨日は、北朝鮮のミサイルが北海道の上空を飛び越えたとのニュースに日本列島が揺らいだ一日となりました。

テレビでは相変わらず「万全を期す」とか「厳重に抗議をした」とか、通り一遍の言葉を並べるだけの総理官邸サイドから流れるコメントには流石にうんざりした気分にさせられる。
(そもそも、あの国って、抗議したら言うことを聞く国なのか・・・)





本当にこの国と日本国民を守る気があるなら、日本国憲法を含め、他国から侵略されないよう真剣に国会で審議を尽くすべきだと思うのだが、野党は国家の安全保障より森友、加計の問題(そもそも「問題」なのか?)の方が重要案件だと思っているのか、本当に驚愕します。

ただ、その政治家を選んでいるのは私たち国民である以上、今の日本の政治は民度そのものだということに気づく。

だからこそ、テレビや新聞から流れる映像やコトバをただ信じるのではなく、私たちの大切な家族や友人を外敵から守る為にはどうしたらいいのかを、(至極、当たり前のことですが)一人一人が『自分の頭で考える』必要があるのではないでしょうか。


情報操作
【それって、真逆ではありませんか?】


今日はこんなことを書くつもりではなかったのですが、そんなことを考えてると凄くブルーな気持ちになり、少し愚痴っぽくなってしまったことをご勘弁ください。

さて、北朝鮮がミサイルを発射する数時間前は、あるテレビ番組を観ていて、本当に感動していました。

それが、『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』に出演していた「シャ乱Q」まことの言葉。

放送内容は、元フジ富永美樹アナとまこと夫妻の紆余曲折な人生を紹介するものでしたが、最後にまことが言った

「1+1は2じゃなくて3にも5にもなりますって言葉がありますけど、
僕たちは2人合わせて1になるように出来てますね」

の言葉を聞いて、「ホントそうだよなー。夫婦ってお互いの足りないところをどれだけフォローしあえて、なんぼなんだよなー」と、短い言葉の中にある深い意味を知り、凄く共感させられました。

この言葉、いまは自分の中で温めておき、いつか夫婦の大切なシーンで使わせてもらおうと思います。。(笑)

それでは、今日も一日ゆたしくうにげーさびら!




⇒家族の絆を結ぶ世界にひとつの名入れ泡盛はコチラ

店舗情報名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄
店舗のご案内はこちら
お問い合せフリーダイヤル: 0120-37-8131
メールでのお問い合せはこちら
その他取扱い商品一覧


タグキーワード
コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます