【沖縄の風習】なぜ赤ちゃんに泡盛を贈るの? - 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト

top_kanban

【沖縄の風習】なぜ赤ちゃんに泡盛を贈るの?

ハイサイ!グスーヨー チュウウガナビラ
(こんにちは!皆さま、ご機嫌いかがですか)

さて、タイトルの「なぜ赤ちゃんへの贈りものに泡盛なの?」は、実はお客様からよく聞かれる質問の一つで、確かに「赤ちゃんにお酒はないでしょう~」と誰しも考えると思います。

しかし、そこには泡盛だけが持っている深~い意味があるのです。

それがこちら↓↓↓

【なぜ赤ちゃんが生まれると泡盛を贈るの?】
沖縄の風習の一つに、赤ちゃんが生まれた時に泡盛を仕込み、その泡盛を20年寝かせ、子供が二十歳になった時に初めて20年古酒の封を開けて子供の成人を祝います。
それは、ウイスキーやブランデーが樽の力を借りて熟成するの対して(樽から出せば完成品)、泡盛は自らが持つ力で古酒に育っていきます。ですから、甕はもちろん瓶の中でも熟成し続けるため、今でもこのような素晴らしい風習が沖縄では受け継がれているのです。

皆さん、是非家族や親せき、大切な友達に赤ちゃんが生まれたら、是非、沖縄の“名酒泡盛”を贈ってみてはいかがでしょうか!?

かりゆし沖縄では、「家族の物語を記憶しながら熟成する泡盛」を、オーダーメイドで1本からお作りさせていただきます。

詳しくはこちらから↓↓

泡盛の熟成と共に親子の絆を育む世界に一つの名入れ泡盛

それでは皆様、ゆたしくうにげーさびら!

店舗情報名入れ泡盛本舗 かりゆし沖縄
店舗のご案内はこちら
お問い合せフリーダイヤル: 0120-37-8131
メールでのお問い合せはこちら
その他取扱い商品一覧


タグキーワード
コメント(-)トラックバック(-)Edit
ホームへ シーンで選ぶ泡盛 商品一覧表
お客様の声 会社概要 問い合わせ
Copyright © 【名入れ泡盛記念ボトル】出産・結婚祝い等に絆を育む泡盛ギフト All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます